上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
介護職の人手不足は深刻ですね。高齢化が進む日本で
もう少ししたら確実に介護地獄が待ち受けているのですが
若者たちは生活が苦しく、薄給の介護職には就けません。
この上家族の介護までやる事になったら死んでしまいそうです。

今回は本の紹介です。レビューブログより。
高齢化社会を支える「介護の力」の必要性を熱く語る一冊。



著者のたかがい恵美子さんは写真で見る限りかなり若そうですが
東京医科歯科大学医学部文部教官
厚生労働省(旧厚生省)厚生労働技官
同省大臣官房厚生科学課科学技術調整官
同省保険局医療課長補佐
老健局老人保健課介護予防専門官
日本看護協会常任理事
と、キャリアを積まれており、現役最年少の看護協会理事だそうです。

介護職を目指した少女時代の情熱から、介護の現場で経験した医療の実態、
当時の厚生省で実感した政策への行程まで、
現場で経験を積み重ねてきたからこそ言える、
リアルで深みのある言葉がズッシリと響きます。

ナイチンゲール・スピリットで行こう。―成熟社会を創る看護力

今の時代みんな自分の事で精一杯で、他人の事になんかかまっていられない
企業も利益が最優先で、労働者の待遇は悪くなる一方。
でもジワジワと近づく超高齢社会を乗り切るためにはこのままではいけない。
いったい何が必要なのか。

介護職や医療関係のみに留まらず、国全体をナイチンゲール・スピリットで包み込む。
ナイチンゲール・スピリットとは、単なる思いやりや慈愛の心だけではない、
犠牲者を最小減にくいとどめる為の、理性的で現実的な考案ではないでしょうか。



世間の人々も介護の現場について熱く注目しているようで、
同書は紀伊国屋本店で総合ランキング1位、
紀伊国屋全国総合ランキングで2位を達成しています。
介護・医療関係は今注目のジャンルと言えるかもしれません。

無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sweetsoulrevue.blog100.fc2.com/tb.php/25-214e81a7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。